2010年12月14日 (火)

指数・対数

 どうも。おひさしぶりのからすです。本日のタイトル、ちょっと変ですよね。ちょっぴり仕事が溜まりすぎて、思考回路がショートしかかっているせいかもしれません。

 最近感じるようになってきたのですが、年齢を重ねるに付け物事を指数・対数式に考える様になって来ました。仕事のスケジュール帳は予定だらけ。でも思った様に自分のペースで仕事が出来ない。そんな悩みを皆さんも持つ事があるかと思います。

 人間、目標を立てるときには短期・中期・長期で立てるのかもしれませんが、実際に数値化するのは難しく、また達成の度合いを検証するのも困難です。過去の自分の仕事と目標を振り返ってみると、初期の頃には伸びが見られたものの、現状は維持するのが精一杯(本当は違いますよ!まだまだいけるはず!)判断力は付いてきたものの、短期的な忍耐力と集中力が低下しているのを実感する事も多いです・・・。体力も落ちてきたし・・・。

 そんな折、ふと指数・対数のグラフを思い出しました。目指す方向が見えませんか??

Img019

| | コメント (5)

2010年8月 4日 (水)

蚊がいない幸せ

 どうも。からすです。北海道に移住??して約6年。北の大地の生活にも段々と慣れてきました。今年はやや蒸し暑い日が続いていますが、それでも関東や関西圏に比べれば、比較にならないほど快適です。気候ももちろんなのですが、なんと言っても最大の魅力は「基本的に蚊がいない」ということでしょうか。寝苦しい夜に耳元で発生する、あの独特の高周波は、誰しもイラついた記憶があるはずです。視力の悪い私は、羽音で接近を知ると感覚を研ぎ澄まし、「着地した」と思われる地点を、渾身の力を込めてバチッ!とひっぱたいていたものです。勝率は2割程度だったでしょうか。育成選手にもなれない程度の腕前でした。

 「蚊」で思い出すのは屋久島です。3年ほど前になるでしょうか。仕事で初めて訪れ、何とも言えないのんびりとした雰囲気と、素朴な料理に感動したのを覚えています。唯一つの忌まわしい思い出を除いては・・・。

 ある日、ホテルにチェックインした際、額に☆ズキン☆という痛みを感じました。ホテル側の担当の方とお話しする事になっていたため、その時は我慢しながら懇談していたのですが、徐々に頭がフラフラとしてきました。何気なく額を触ってみると・・・・。信じられない大きさの、まさにタンコブができているじゃぁあ~りませんか!!その後、首にかけてリンパ節が腫れ上がり、額のコブタンはズキンズキンとうずいています。同行の先輩と同僚は大笑い!坊主頭にオデコのコブタンでは、大仏以外の何物でも有りません。

 さすがに心配してくれた同僚君、ホテルに虫刺されの薬を頼んでくれました。持って来てくれたのは「キンカン」です。判る、判っているよ。効くことは・・・。でも、痛いんだよ。塗る前から、匂いだけで痛いんだよ。キンちゃんだけは・・・。しかし仕方が有りません。頭がボーッとしている以上、治療は必要です。先輩、なんだか嬉しそうにヌリヌリしてくれました・・・。正直、痛かったッス。でも効能はピカイチ!翌日には腫れも収まり、快調に残りの仕事をこなすことができました。

 この蚊、食事会場や草ムラに時々現れたのですが、体長はおよそ4センチ、さすがに巨大です!こんなのがデコにくっ付いて気づかない自分が情けなかったです・・・。

 この蚊、同僚により【縄文蚊】と命名されました。屋久島に行かれる際には、是非虫除けを。きっとそのサイズに驚かれるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

バブルって・・・

 どうも。からすです。つい先日、何気なくテレビをつけてみると、いわゆる『バブル』時代の映像が流れていました。私は現在4○歳なのですが、丁度高校を卒業する頃から大学を出る頃までが、バブル期にあたっていました。

 自分は学生時代、部活動に打ち込んでいましたので、周囲の皆ほどは影響を受けなかったのですが、今思い起こせば、それはすさまじい時代でした。当時の逸話をいくつかご紹介。

1.車は持っていて当たり前。プレリュードが定番だが、いわゆるスポーツカーが必須。

2.お酒を飲むのはいわゆる「パブ」で。表参道か神宮前が◎。カクテルの知識は必須。

3.服装はアイビーか紺ブレに洗いざらしのリーバイス505。白いシャツが似合う細マッチョが必須。

4.彼女との食事はイタリアン。エノテカピンキオーリ(銀座)で食べれば一人前。

5.スポーツといえばテニスかウインドサーフィンが◎。汗臭いのはNG。

6.男性はツーブロックか、ショートヘアーをジェルでツンツン立てる。女性はワンレン/ボディコンが必須。

等々、今思い起こせば笑ってしまうような事も多々あります。私は1~3までは該当していましたが、4は彼女がいなかったので問題外。5はアメフトとボクシングをしていたので△位だったでしょうか・・・。6はツンツンヘアーで頑張ってましたよ。

 就職活動も豪快!!友達の中には車を買ってもらったヤツもいます。「新人合宿」の名の下に、夏休み期間は1~2ヶ月程度、リゾート地で会社に”拘束”されてしまうんです。携帯も普及していなかった為、他の会社の人と接点を持たせない訳です。大抵は山中湖畔か軽井沢なのですが、中にはオーストラリアで拘束されたヤツもいます。自分はというと・・・

 4年時に大学を受け直した為、就職活動はしませんでした。よって「オイシイ」思いは殆どしておりません。2回目の大学卒業時はバブルがハジけて大不況。のんびりしていた自分は、4年の12月から就職活動をはじめ、何とか2月に決める事ができましたが、今思えばヒヤヒヤの活動でした。【バブル】。ステキな響きですね。日本に再び訪れる日は来るのでしょうか・・・。もし来たら??へそ曲がりの私は、お金を貯めて1次産業に転職します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

沖縄家族旅行

 どうも。からすです。しばし前の話となってしまうのですが、3月の中旬に家族で沖縄に行ってきました。結婚10周年と、チビの卒園祝いを兼ねての旅行です。たまには家族にも良いところを見せておかないと、仕事もうまくいきませんからね。旅行会社の特権??も若干利用しながら、いざ出発です。

 3月の沖縄はまだ海は冷たいので、泳ぐのを楽しみにしていたチビも、プールで我慢です。今回お世話になったホテルさんは、どこも心地良い室内プールを持っておられました。あまり人には見せられない『脱いだら凄い』身体をさらしながら、チビ達とたっぷり遊んできました。

 僕は元々グアムが好きで、一日中シュノーケリングをしている位の海好きなのですが、今日はその中でも特にお気に入りの魚である【ムラサメモンガラ】Photo_3 を紹介したいと思います。 イイ顔してるでしょ。なわばり意識が強くて、モンガラ特有の強い歯と闘争心を持っているため、近付くと噛みつかれます。いきなり「バチッ」ときたら、まずコイツが犯人で間違い有りません。縄張りから出て行かないと、執拗に攻撃を仕掛けてきます。その執念深さ、見事です!

 ご覧の通りキレイな魚なので、観賞用にも適しているのですが、組み合わせを考えないと、周りの魚も痛めつけてしまう厄介者です。ただ、表情も豊かで面白いんです。目をキョロキョロ動かしながら、ヒレを細かく震わせながらコチラを睨み付けてきます。ご主人様を敬う気持ちなど、彼にはまったくありません。エサを入れる時も、指に注意が必要です。小さな子供は特に危険。出血間違いナシです。

 昔は年2回のグアム旅行がマストだった自分は、行く度に彼らと戯れていました。噛まれる度に「あ~、グアムに来たんだなぁ~」と実感したものです。話が大分ずれてしまいましたが、コチラの魚、今回宿泊しましたホテルムーンビーチさんのラグーンにも居ます。手を入れたら、やっぱり攻撃してきました。ムーンビーチさんを訪れる方は、是非チャレンジしてみて下さい。

沖縄旅行の際は「しろくまツアー」を宜しくお願い致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

国営滝野すずらん公園

どうも。からすです。今日は僕のお気に入りの場所を紹介したいと思います。タイトルにも有ります『国営 滝野すずらん公園』です。ここはいわゆる夏シーズンと冬シーズンで、ガラッと雰囲気が変わります。

ちなみに今のお気に入りはコレTube1 。無料で楽しめるチューブスライダーです。座っている位置が低いせいか、なかなかのスピード感を味わうことが出来ますが、小さなお子さんでも、大人の膝の上に乗せて楽しむことが出来ます。

冬になるとなかなか家から出る気のしない北海道ですが、家族とたまにはこういう場所に来るのも必要ですよね!我が家のチビ達も、雪と戯れていつも大喜びです。

ここの良い点は、札幌市内から車で程近いこと。中心部からでも大体40分くらいで到着です。公共交通機関を利用する場合には、地下鉄の真駒内駅からバスが出ています。

夏は程よく手入れされた花畑のガーデンや森林浴を楽しんだり、BBQをする事も出来ます。子供の遊具が充実しているので、親にとってはありがたい場所なのです。

是非皆さんも一度訪れてみて下さい。【国営 滝野すずらん公園】冬季は駐車場代¥400だけで利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

内藤、お前もか・・・・

どうも。からすです。今日は先日行われた内藤⇔亀田の世界戦について書きたいと思います。同じ北海道に住む者として(現在は違いますが)、内藤の生い立ちと朴訥とした雰囲気は、愛して止まないものが有りました。一方、亀田は大阪出身。僕の勤める会社は大阪が本社で、月に1回は大阪に行っているのですが、派手なパフォーマンスといかにも悪そうな3兄弟の構図は、これまた大阪っぽいですよね。個人的には内藤を応援しながらの観戦でした。

結果といえば・・・・。大きく腫れ上がった顔面が、哀愁を誘いました。年齢の一言で片付けるのには無理が有りますが、やはり一つ一つの動きに違いを感じさせられてしまいました。亀田よ。偉大なチャンピオンになってくれ。君が目標としているという10af5a2f1マニー・パッキャオ(写真) のようになるのは無理としても、人間的な成長をボクシングという最も過酷なスポーツの中で具現化してくれ。頼む。このままでは内藤がうかばれないよ・・・。

格闘技は単に戦いとしての構図を観るよりも、背景を知れば尚一層楽しくなるもの。是非皆さんも熱い拳の交錯と緊張感を味わって下さい。

日本のボクシングは熱い!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

新規事業

どうも。からすです。1月のスタートを目指し、温泉の総合宿泊サイト「温泉ぱらだいす北海道」を立ち上げることとなりました。

既に九州地区においては「温泉ぱらだいす九州」の名称で運営を行っているのですが、一大温泉地である北海道でも始めようという事になり、自分も人員の採用や立ち上げに大きく関わることとなりました。

弊社の特徴としては、各運営チームが一つの事業所のような形を取り、収支の管理も基本的に現場責任者が行います。

通常業務の他にも、経営的な観点が必要となる為、自分を鍛えるにはもってこいの環境です。

まだまだ走り出したばかりですが、今後の展開にご期待下さい。

折角巡り会ったチャンス、新規事業の立ち上げに一人夢を膨らませております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

初めての福岡

 どうも。からすです。先日、初めて福岡を訪れました。今後弊社で展開を予定している温泉宿泊サイトに関する視察と打ち合わせが目的です。仕事とはいえ、初めて訪れる土地というのは、何となく気持ちが盛り上がってきますよね!

 気温16℃の新千歳空港を飛び立ち、2時間半ほどで福岡空港へ。夜の8時過ぎの到着だというのに気温33℃、湿度も高く、およそ”快適”とはいえません・・・。スーツの下のYシャツは、一瞬にして汗だくです。悲しいかな人間40歳も過ぎると、自分を「オッサン」だと自覚してしまうものなんですね。吹き出る汗は爽やかさとは遠く、哀れみさえかもし出していたはずです。

 翌日は朝から仕事。ベイサイドプレイス博多のオフィスで打ち合わせです。こちらには弊社グループ会社の運営する「波葉(ナミハ)の湯」という温浴施設が有ります。夕刻までの打ち合わせも終わり、初めて施設を体感させていただきました。

 通常の温泉の他に7つものサウナを併設しており、短時間にハシゴをしましたが、もったいない位に快適でした。驚いたのは「ロウリュ」という手法。燃え滾った炭の上にハーブ系の水を掛け、ものすごい蒸気が一瞬にして立ち上ります。熱気といったら最上級!その後係員の方が大きなウチワで一人ずつ扇いでくれるのですが、熱風が身体全体を強烈に包み込みます。恥ずかしながら私、足の裏をヤケドしました。翌日以降も歩く度に違和感を感じ、完治まで5日ほど掛かってしまいました。ヤワになったものです。

 大量の出汁の後は屋上を使ってのビヤガーデンでの夕食です。この時ばかりはリラックス。生ぬるいとはいえ、海風を感じながらのBBQを楽しませていただきました。その後は先輩と福岡勤務の同僚が、長浜屋台へと連れて行ってくれました。疲れているはずなのに、こうした心遣いが同じ社内の人間とはいえたまらなくウレしいんですよね。温かい会社です。満腹でしたので、替え玉には挑戦せずにホテルへと帰りました。

 また訪れる機会も有りますが、おいしかったものを一つ。それは「セブンイレブンのおかか梅のおにぎり」です!!おにぎりにこだわりのある自分をもうならせる秀逸の一品でした!!おにぎりに巻く海苔が、有明産の味付け海苔だったのですが、甘酸っぱい梅と、甘い海苔の組み合わせは最高です。次回の楽しみが見つかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

読書

 どうも。お久しぶりのからすです。久しぶりに書くせいか、珍しく何について書こうか、話題に悩んでしまいました。ちょっとマニアックかもしれませんが、今日は僕の昔の趣味であった読書について書きたいと思います。

 僕が読書にハマったのは、5歳くらいの時でした。理由はちょっと暗いのですが、大きな病気にかかって入院生活が続き、医者から運動制限をかけられてしまったからです。それまでは外で遊ぶのが大好きで、暇さえあれば駆け回っていたのですが、どうしようもありません。ガマンです。

 最初は動物や昆虫図鑑等に興味を持ち、いつのまにか図鑑に出てくる生き物達を全て覚えてしまいました。子供の記憶力というのは今から思えば信じられない位の能力が有り、興味さえ持てば何の苦労もなく、それこそ砂漠の砂に水が染み込むかのように、ページが写真画像のように頭の引き出しにスライド状に収納されていきました。看護婦さんや先生に褒められるのが嬉しくて、病院中のありとあらゆる子供向けの本を読み漁っていました。

 小学校に通う頃には定期的な通院で済むようになりましたが、引き続き運動制限がかかっていた為、小学校4年生までは、体育の授業も一人だけ見学です。小さいうちというのは、「どれだけスポーツが得意か」が実は重要で、運動の輪にすら入れない自分は、子供ながらにいつも劣等感を持っていました。日差しの強い日には、先生が室内で読書をしていることを許してくれたのですが、この頃から本格的に読書熱が高まってきました。今から思えばちょっと背伸びをしすぎですが、いわゆる童話やSFものには興味がなく、動物の行動や生態に関する本をひとしきり抱え込んでは、読破していくのを楽しみにしていました。

 中学生になる頃には、ようやく運動制限も取れ、人並みにスポーツも出来るようになったのですが、やはり読書の習慣は途絶えることが有りませんでした。その頃好んで読んでいたのは、実家にあった、日本の作家の全集でした。母が若い頃に集めていたものだったのですが、全100巻を超える著作集で、旧字体の活字や文調を読みこなすのには苦労しましたが、読解力の基礎と、物事をイメージする能力が飛躍的に伸びたと思っています。

 高校生になると、哲学にハマってしまいました。「実存主義」に傾注し、キュルケゴールやニーチェの著作を、それこそ紐解くように丁寧に読んでいきました。当然難解で理解不能な部分も多かったのですが、「思考」にここまでのめりこんだ時期は他に有りません。今でも貴重な財産ではあるのですが、多感な時期に偏重した実存主義フリークとなってしまったが為に、周囲の学生達と交わることが苦手となり、もっぱら独りで行動してばかりいました。

 大学生になる頃には、本来一番読書に勤しむべき時期だったのですが、スポーツへの憧れを捨てきれず、体育会に入部して、それこそ朝から晩までスポーツ以外のことを一切考えませんでした。当時の自分は、自分の事を「プロ」だと本気で思っていました。競技の為に有効であると思えば、衣・食・住環境、全てにおいて納得できるものしか取り入れませんでした。通学に要した約2時間の車内においては、腕の筋持久力を高めるために、敢えて3冊の辞典を入れた大き目のセカンドバックを腕の力だけで支え、足は常に爪先立ちで体重移動のポイントを探っていたという具合です・・・。食事は一日7食、1年間で体重は12Kg増え、ベンチプレスで140Kg,スクワットでは240Kgをあげる程に肉体改造を行いました。結局ケガで競技生活をあきらめてしまったのですが、今でも自分が一番輝いていたと思える時期でした。当時は栄養学や運動生理学に興味を持ち、大学の図書館で、英文科の学生でありながら、何故かこの種の本ばかりを読んでいました。

 その後紆余曲折の上、人並みに就職をし、現在に至るわけですが、何故か働くようになってからは全くと言って良い程本を読まなくなってしまいました。ペンを持って字を書くことも減ってしまい、今では「読めても書けない」文字が多くなってしまっています。計算も電卓やエクセルを多用する様になってからは、暗算が極度に遅くなってしまいました。

 読書をしていた頃は、本と対峙しながらも、常に自分への問いかけを行っていた為、今よりも物事を深く考えながら生きていた様な気がします。社交性や営業トークは限りなく「ゼロ」に近い人間でしたが・・・。

 秋の夜長では有りませんが、久しぶりに本屋に立ち寄ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

新卒面接に想う

 どうも。からすです。今日と明日の2日間、東京にて来年度の新卒面接を行っています。自分より20歳近くも若い人たちの話を聞くにつけ、「若さ=パワー」を感じてしまいます。思い返せば、20歳そこそこで、将来への明確な展望など、およそ自分には見出すことが出来ませんでした。今年もたくさんの学生の方にエントリーをいただいております。感謝・感謝です。

 全くの別件なのですが、母方の田舎から未来の宇宙飛行士が誕生しました。年齢は自分より一つ下。小さい頃から母方の実家でよく遊んでいた自分は、間違いなく彼とも遊んでいました。農家ばかりの小さい村ですが、本当に星空が綺麗で、夢をあきらめなかった彼の行動力とたゆまぬ努力にエールを贈らせて頂きます。防衛大学⇒航空自衛隊の戦闘機パイロット⇒宇宙飛行士、完璧です!

 東京ではあまり星空も見えませんが、今日ばかりは色々な想いを胸に、空をゆっくりと眺めてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)