« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

世界遺産!

先日、世界遺産、屋久島にいってきました。
しかも、縄文杉へ行くトレッキングにも参加してきました。
起床5時。
登山口から出発は6時。
片道約11km。
8kmのトロッコ道、2kmの山道(標高約100m)。
片道の所要時間は約5時間。
う~ん、ほとんどプチ登山。
バテバテになりながら到着した縄文杉は絶景でした。

080723_11570001

帰りも約5時間、ひざとふくらはぎが多少、はりましたがいい経験でした。
また、くることはあるのかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

カラスの反撃

どうも。からすです。先日、家族で「国営 滝野すずらん公園」に行って来ました。季節の花々や簡単なアクティビティーも楽しめるオススメの場所です。

チビ達と楽しく遊んでいると、近くで「カァ~ッ」という鳴き声。2歳になったばかりのチビ、大好きなカラスを見つけて早速駆け寄っていきました。子供だけで近寄らせるのは危険だと思い、お父ちゃん、ここぞとばかりに抱きかかえてカラスの目の前へと近付きました。チビ、タンポポの花を食べさせようとします。カラス、当然食べません。チビ、くちばしに突っ込まんばかりに身を乗り出します。カラス、羽を広げ小刻みに身体を震わせながら、羽を膨らませて威嚇しだしました。

「カラス君、怒っちゃったね~」と言って、背を向けて立ち去ろうとした時、「カアーッ!!」という力強い鳴き声と共に、バサバサッという羽音。次の瞬間、僕の頭に強烈な痛みが走りました。カラス、僕の頭をわしづかみです!振り払うとそのまま飛び去っていきました・・・。

近くに居た監視員の方から一言。「近付きすぎると危険ですから。」余りのサラッとした一声に、ぐうの音も出ません。周囲に居た方も、笑って良いのか哀れむべきか、迷った様な顔で口元だけを緩めていました。カミさんに報告したところ、「頭切れてるよ」とサラリ。坊主頭の僕の後頭部には、カラスの爪痕がしっかりと刻まれてしまいました。熊の爪跡が残るならまだしも、カラスの爪痕では・・・・。勲章にもなりませんよ。そういえば昔、ツイストのモジャモジャヘアーをしていた若かりし頃、水族館で働いていた僕の頭にトンビがとまり、みんなに「巣と間違えられてるよ」と笑われたことがあったっけ・・。

カラス、僕の天敵リストにめでたく登録済みとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

イベントの夏

7月ですsun

ついに夏がやってきましたnote

7月に入ってすぐに、東京へ旅行へ行ってきましたairplanedash

梅雨の季節なので、rainの心配をしてたのですが・・3日間とも見事にsunsunでしたhappy01heart04

さっすが晴れ女scissorsshine

たぶん、てるてる坊主よりも効果ありますwink(笑)

1日目は、横浜・お台場を巡りましたnotes

横浜をゆっくり観光したことがなかったので、今回はじっくり横浜を見てきましたsign03

水上バスに乗ったり、中華街で食べすぎたりsweat02、赤レンガ倉庫行ったり、自転車のタクシーに乗ったりsign03

思いっきり観光客してきましたhappy02

夜はお台場へ移動し、テラス席があるレインボーブリッジがみえるお店でご飯食べましたcrown

景色がキレイで、それだけでおなかいっぱいでしたweep

2日目は、ディズニーシーへlovely

平日だったので、かなり空いてましたflair

アトラクションは、ファストパスを使わなくてもいいくらいcoldsweats01

最高並んでも、10分くらいwatch

ひどい時には、並ばずにすぐに乗れる事もしばしば・・

こんなの初めて~upと思いほぼ全てのアトラクションを乗りつくしましたgood

はしゃぎすぎて、クタクタになりましたがbearing

3日目は、東京観光しましたtrain

浅草や、東京タワー、六本木ヒルズなど、これまたガイドブックに乗っている所を観光しまくりましたfuji

あっそうそうsign01

月島で本場の「もんじゃ」食べましたdelicious

初めて、現地で食べたからおいしかったーnote

そんなこんなで、あっという間に3日間がすぎましたconfident

そして、先週末sign03

大好きな「嵐」のライブに2日間とも行ってきましたheart02

もうメロメロですlovely

これから夏本番なのに、なんだか私の夏は終わったような気がしてせつないです・・coldsweats01(笑)

早く、次の楽しみを見つけなければrunmotorsports

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »